最新記事


プログラマーの生産性の違い

プログラマーは生産性が重視される

プログラマーの世界は、生産性も求められます。

つまり与えられた仕事どれだけの速さで仕事をすることができるのかよいうことです。

ただ速いだけではなく、いかに満足してもらえるものが出来上がるのかということです。

クライアント相手の仕事なので、できていたとしても組み込んだプログラムが分かりにくいと例えできていたとしても就職するときが大変ですよね。

クライアントが見ないからいいやというのではなくて、誰が見ても分かりやすいように組み込んで書かなければいけません。

技術力

プログラマーは、一番技術力が求められます。

言語をまずは覚えて、どうやって組んでいけばシステムが動いていくのかパターンを知っておくことが必要です。

そのためには、日々著しく変化していく知識を取り入れて、技術を高めていかなけれないけません。

時間

納期が必ずあります。

自分の能力をしてどれくらいのペースでして行けば間に合うのか知っておくことが必要です。

また、次から次へと新しい仕事が出てくるので、並行してできるように時間を決めることも必要です。

時間を有効に使うこと、そのためには仕事をやる順番も大切になってきますね。

環境

周りの環境に合わせて仕事ができるかどうかです。

早くしているのに、あなただけが遅れればそれだけ完成までに時間がかかってしまいます。

また、あなただけが他の作業をしないようにすることも重要です。

生産性の違い

技術力はもちろんのこと、時間や環境に合わせて合わせて作業できることで生産性が高まります。

仕事をうまくこなしていくことができるのです。

これが仕事の速い人と遅い人の違いにあります。

バランスがないと、技術力があっても効率が悪ければ生産性が高くなりません。

知識は持っているのに、これをどうやって活用すればいいのかわからない人も多くいます。

生産性が高い人に近づくには、どのように作業しているのか、仕事の優先順位はどう決めているのかなど観察することが大切です。

そうすると、あなたがどこができていないのかわかってくるかもしれません。

生産性が低ければ、チームワークを乱すことにつながります。

知識があっても活かすことができなければ、意味がないですからね。

また生産性が高いということは、それだけ多くのことをできるということなのでスキルアップになります。

あなたが、生産性が遅いなと感じて行き詰っているのなら、周りの仕事を観察して自分に足りていないことを探してみてくださいね。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

プログラマーはセンスが必要

プログラマーは、スキルを求められる職業です。

一つの仕事をいかに効率よくできるのかが重要です。

いくら仕事ができたからと言って、時間がかかってしまうので納期に間に合わなくなってしまいます。

プログラマーは、日々著しく変化していくので覚えることも多くあり、知識をどのように活かすことができるのかってことです。

つまり知識と技術を追いつけていけないと仕事にならないことにあります。

そのためには、基礎ができていないと応用をその上に重ねてしまっても崩れてしまうってことなんです。

この基礎の部分はいわばセンスになります。

プログラマーに求められるセンス

センスがなければ、基礎ができていないことになり仕事のスピードが遅くなってしまいます。

構文が書ける

プログラムは、構文を書いてシステムを動かすことになります。

つまり、構文がプログラマが最初の覚えなければいけない基礎であります。

基礎ができないと、応用ができないことになります。

だからいくら知識を入れたとしても、技術が伴わないことになります。

まずは、基礎を何回も繰り返して覚えることが必要ですね。

エラーに素早く対処できる

システムが動かないことになると、エラーが発生します。

言語が一つでも間違ってしまうと、エラー表示が出てしまうのです。

クライアントからシステムが動かなくなったので、直してほしいといわれることはあります。

その時に、時間がかかってしまうとクライアントから仕事がもらえなくなります。

前述の構文が理解できていると、エラーを見ればどこが間違っているのか分かって直すことができます。

エラーに素早く対処できるように、とにかく慣れることですね。

美しくかく

構文は、自分だけがわかればいいというわけではありません。

自分が書いた構文を、ほかの人が仕事上で修正することだってあります。

ですので、誰が見てもわかるようにきれいに美しく書いていく必要があります。

美しく書くと、見つけるのも簡単ですし素早く修正することができます。

センスを磨くには

センスがないからと言ってあきらめることはありません。

最初は、だれでもつまづいて時間もかかっていました。

ですので、あきらめずに何回も繰り返して、できるようにしていくことが大切です。

失敗した、ミスったことを無駄にしないように、次こそはできるようにという気持ちを持つことが大切なのです。

そういった向上心があれば、センスを磨いていって成長していくことができますよ。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

プログラマーのボーナスはどれくらい?

プログラマーの年収やボーナスが気になる方も、少なくありませんよね?

そこで、そんな金銭絡みの情報もまとめてみることにしました。

プログラマーの年収は低い

プログラマーの年収は350~500万円くらいです。

パッと見、高いと思いますか?

職業別に見れば平均並みですよね。

ですが、年収は仕事が関係しますよね。

もし、残業がなくてこの年収だと結構割にいいと思います。

残業をバリバリして、この給料をだとへこみますよね。

それも毎晩夜遅くまでやって、深夜徹夜になるのは当たり前家に帰れなかったら年収はかなり低いといえます。

プログラマーは、後者に当たります。

残業が含まれてのこの金額なのです。

残業が多いので、疲れやストレスがたまりやすくなってうつ状態になってしまう人も多いのです。

というのも、パソコンの前で作業することになって、仕事量が莫大なのです。

やってもやっても終わらなくて、次から次へと仕事が舞い込んできます。

プログラマー含めIT業界は、大元の会社があって地道な作業や厄介な作業を下請け会社に振り分けていくのです。

下請け会社は、仕事をもらっている立場なので偉そうなこと把言えずに、もらった仕事をやっていくのです。

仕事のやり方は、振り分けているので一人でやらなければいけません。

分からないことが出てきても、なんとか自分で解決していく残業をしてでも完成しなければいけません。

納期は必ずあります。

ある程度の期間はありますが、仕事がたまっていけば後回しになってしまって納期間近になってしまうのです。

紹介してきたことを踏まえると年収はかなり低いといえます。

日本のプログラマーは、比較的未経験でも就職しやすいのです。

ですが、就職してもあまりの過酷さについていけずに辞めていく人が多いのです。

どこの企業でも人材不足になっているのです。

海外だと、スキルがないと就職できないので入るまでが大変だけど、就職すると結構こう待遇だったりするのです。

給料以外には、ボーナスがありますよね。

ボーナスは平均50万円

給料が低くても、ボーナスでカバーしてもらえるのであればいいなと思いますけど、残念ながらボーナスも低いのです。

ボーナスは平均50万円です。

給料もボーナスも年齢も重ねるごとに昇給していくのですが、ごくわずかといえます。

50万であれば、残業代にも満たない金額ですよね。

男性よりも女性のほうが低いのです。

とはいえ働いている会社次第だとは思いますけどね。

男性でも女性でも、プログラマーとして就職できれば関係ありません。

まぁ東京などの場所でプログラマーになった方が、有利ではあるようですが・・・

とこんな感じで、プログラマーの給料は低いのですが、システムエンジニアになればもっとアップしますよ。

システムエンジニアの作成した報告書も元に作業していくので、低くなってしまいます。

立場が下なので、何も言えない格差があるのです。

給料をアップしたいのであれば、大手企業に転職する、フリーランスとして独立して働く、先ほどのシステムエンジニアに転職方法などがあります。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

海外でプログラマーとして働くのは難しい

海外でプログラマーになるには

英語で話せないといけない

海外で働く場合からがは、なんといっても英語を話すことができないと仕事ができないでしょう。

ペラペラでなくてもかまいま実力せんが、ある程度の日常会話はできなければいけませんね。

特にプログラマーの技術が高いのは、ドイツや北米です。

ITの知識をより高めていきたいと思うなら、ドイツ語の就職が必須といえます。

就労ピザが必要

就職ピザは、外国で長期的に住む場合になくてなならないものです。

取得するには、学歴やこれまでの経験・英語力がそろっていなければいけません。

時間と費用が掛かってしまうために、ハードルが上がっていることもあります。

ですから、インターシップを利用することでインターシップ研修ピザが簡単に取得できます

実力が必要

アメリカでのプログラマーは高い地位とされて、大学の工学を学んだ人だけがなることができます。

日本ではこれからですが、幼児からプログラマー教育をさせて知識と技術を習得できるようにしています。

若いうちから育てることで、プログラマーが身近なものになり人材不足にならないように取り組んでいるのです。

年収はかなり高い

狭き門のために、年収も高くなり増します。

プログラマーの平均は900~1000万円以上とも言われています。

大学に出て、高い知識と技術も持っているからこそ、これだけの給料が払われるわけですね。

このように、海外にプログラマーとして働くだけと考えた時には、黒がつきものだということが分かったと思います。

日本とは違う

アメリカと日本では、明らかに違いがあります。

技術や知識はアメリカのほうが、上ということです。

それとは別に、プログラマーになれるかどうかに違いがあるのです。

アメリカは、前述のように大学に出て博士号や修士を衆力しないとプログラマーになることができないと紹介しました。

ですが、日本は大学に出ていなくても未経験でもなれるいうことです。

特に知識やスキルは必要ないということです。

就職してからが大変です。

著しく進歩しているので新しい知識と技術を覚えながら、仕事をすることをしないといけません。

日本のプログラマーは人材不足になっていて、就職してから教えてもらえる環境ではないのです。

自分でスキルを磨いていくないのです。

就職が比較的簡単な分、就職してからが大変なのが日本なのです。

ですから海外とは真逆な考えといえます。

アメリカは実力社会なので、実力がなければ就職すらできない現状にあるのです。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

プログラマーとして働く環境が大切

プログラマーとして働くのだったら、環境が大事

IT業界さらに言えばパソコンを使う仕事であれば環境が大事です。

ここでいう、環境とは職場の雰囲気とは別に、仕事をする上でどのようなアイテムを使っているかということです。

プログラマーは、データを読み書きすることが多く、重いデータを扱うこともあります。

だから、データ処理に時間がかかってしまうと、それだけでタイムロスしてしまって仕事が遅れることになります。

スキルというのが一番大事で、高ければ効率も早くすることができますよね。

そのサポートをすることがパソコン環境にあるといっても過言ではありません。

はっきり言えば、仕事は出来る人はそれなりのいい機材を使っています。

値段はかかるかもしれませんが、仕事の効率化を考えれば環境が整った機材がいいと答える人も多くいます。

では、どのような環境があればいいのでしょうか?

重視する環境

OS

OSは、パソコンを動かすシステムのことです。

OSがあることで、パソコンを動かすことができています。

主にはWindowsやMACに分かれます。

多くのIT企業で使われているのは、MACですね。

処理速度が早いので、スムーズな動きができて固まることが少ないのです。

また、windowosよりもトラブルや故障が少ないので長く使うことができますね。

HDD(ハードディスク)

HDDは、パソコン内に入れるデータ容量のことです。

データが重くなってくると、当然動きが遅くなって処理速度が遅くなります。

前述のように、仕事をするうえでデータを保存することも増えてきます。

容量が大きければそれだけデータ保存できるということになります。

メモリ

メモリとはHDDとは違って、たくさんのソフトを立ち上げたときの動きのことです。

複数のソフトを起動して、行うこともあるために大きめのメモリ容量にしておく必要がありますね。

マウス

マウスは、カーソルの動きやホイール(くるくる回す部分)が使いやすいか見極めることが必要ですね。

あるいは、戻る、次へボタンが付属されているマウスを使うことでも、素早い動きになります。

キーボード

人によって、キーボードの押す硬さの善し悪しがあります。

自分にあったキーボードを使うことで、文字入力の速さが変わってきますよ。

代表的なパソコン環境を見てきて、どれだけ仕事に重要であるかわかったと思います。

環境によって、仕事が遅れることのないようにできる限り性能のいいものを選ぶことが大切ですよ。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

プログラマーはかっこいいと思いがち

プログラマーは、現実とのギャップが多い

プログラマーは、小学生がなりたい職業の第1位になっています。

その理由の一つに、かっこいいということがあげられます。

パソコンに向かって、「カタカタカタカタ」キーボードを打っている姿がいけてると思えるのではないでしょうか?

ですが、現実はあなたが思っているよりも厳しくて、つらいことも多くあります。

技術の習得に時間がかかる

プログラㇺを使って仕事をするわけですが、一つ一つの言語がとても複雑です。

代表的なもので言えば、c言語・JAVA・C++、PHP・・・

これらを使いこなすことで、プログラムが動いて私たちが身近に使っている機械や装置が動いているわけです。

一つ一つが複雑で、一つでも間違いがあればエラーメッセージが出て動かなくなります。

さらに、日々技術が高度になっていることもあり、常に勉強していかないと追いついていけなくなります。

一つの言語を覚えるのに、10年くらいの長い年月がかかるとも言われていて、技術の習得に時間がかかってしまいまいます。

残業が多い

プログラマーは、先述したとおり技術の習得が難しく、仕事に活かせていかなければいけません。

仕事を手際よくこなしていかないと、終わらないのです。

ですが、クライアントとの納期は決まっているために、終わらない人は残業になってしまうのです。

残業になることは当たり前で、深夜まで終電間際までやる人も多いです。

へたすら、徹夜になって家に帰れず会社で寝泊まりする人もいます。

体調が崩れて、精神状態が持たずにうつになって辞めていく人もいる業界です。

一人で考えることが多い

仕事をする前には、打ち合わせをして作業を分担させます。

そして、一人一人が部分ごとに仕事をして完成することが大雑把な流れです。

つまり、わからないことが出てきても聞く人がいないのです。

自分で考えて、何とか解決していなけければいけません。

できなければ、仕事は終わらないためにみんなに迷惑がかかってしまうのです。

どうでしたか?あなたのイメージしたものと近かったですか?

おそらくかっこいいとはかけ離れていたと思います。

だから、就職しても嫌になってすぐにやめていく人が大野が現状なのです。

未経験からするには大変

人材不足になっていて、常に人材を求めています。

だから、未経験でも就職しやすい業界です。

ですが、未経験だと結局続かないことが多いです。

最近では、無料で教えてもらえる就職支援サービスもあります。

知識や技術を身につけてから就職することも可能です。

かっこいいと思いがちなのは、業界事情を知らないで、実は地味なのです・・・

ですが最初は、誰でも苦労も重ねてしまいますが、経験と実績を積んでいけば、仕事も早くなり稼ぐことができるのでかっこいいという印象がつきますよ。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

プログラマーになるには養成施設を使うべき

プログラマーになるのは未経験からだと厳しい

プログラマーは、未経験からでも就職することができます。

なぜなら、人材不足で辞めていってしまう人が多いからです。

その辞めてしまう大きな原因は、過酷さにあります。

就職は比較的簡単だけど、続けていくことが難しいという現状があります。

残業の多さ

プログラマーは、言語によってシステムが動くようになっています。

一つでも間違えてしまうと、動かなくなってしまいエラー表示が出てしまいます。

間違えてばかりして、先に進まないと仕事が次から次へと増えてしまって、残業なってしまいます。

深夜になって、徹夜になることで家に帰れない人も出てきます。

自分で考える必要がある

プログラマーは、仕事の前に打ち合わせをして、一人一人の役割分担が違っている場合がほとんどです。

分からないことが出てきても、自分で考えて解決していく必要性があります。

解決できなければ、仕事にならないので使い物にならなく辞めざるを得なくなってしまいます。

話すこともある

プログラマーは、ほとんどがパソコンの前で一人黙々とやります。

仕事の合間には、お客様が来て打ち合わせや商談が入ることもしばしばあります。

その時は、コミュニケーションをしなければいけません。

話すときと、仕事をするために話さなくてもいい切り替えがいるため苦労する人も出てきてしまいます。

紹介したように、未経験から就職してしまうと、いろいろと大変なことがあります。

だから、辞めていく人が多くなって、人材不足に陥ってしまうのです。

就職する前には、ある程度の知識と技術を習得してからのほうがいいですよ。

オススメの養成施設がある

最近では、人材不足の影響からプログラマーを養成してもらえる場所が増えてきています。

その中でも、僕がオススメしたいのが「プログラマカレッジ」という就職支援サービスです。

ここでは、カリキュラムに沿った授業をしてもらえるので、知識や技術が身に付きやすいのです。

実際、制作物を作成しながら学習できるます。

分からないことは、その場で講師に聞くことができるので解決できます。

求人は、スタッフが厳選した優良企業ばかりなので安心ですね。

ただしプログラマカレッジの場所は、東京都なので地方に住んでいる人は厳しいかもしれません。

ちなみに、プログラマカレッジの場所が気になる方はまとめているサイトをチェックしてみてくださいね。

ビジネスマナーや、履歴書の添削、面接対策までバッチリできますよ。

あなたに合った求人を紹介してもらえるから就職してからも順調に仕事がしていけますよ。

就職に不安な方は、有給インターン制度もあるので体験からできます。

徹底したサポートがあることで、正社員就業率は96.2%と高いことも強みです。

プログラマーは、未経験だと大変なこともあるので養成校で、知識と技術を身に付けて就職することがオススメですよ。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

未経験からプログラマーになるには派遣もありかも

あなたは、正社員でプログラマーになりたいですか?

プログラマーの世界は、未経験からだと重圧がのしかかって辞めていく人も多いです。

ですので、派遣から様子を見ながら働いてみることもありかもしれません。

今回は、プログラマーでの過酷さや派遣をオススメする理由に迫っていきます。

プログラマー業界の現状

プログラマーは世間からはかっこいい、稼げる、今どきというイメージがありますよね。

しかし、現状はそうではないギャップがたくさんあるのです。

残業が多い

IT業界を含めたプログラマーは、残業が多いのです。

プログラムは、言語で動いているので一つでもミスが出てしまうと動かなくなってしまうので、慎重にしなければいけません。

そのうえ次から次から仕事が舞い込んできます。

残業になるのは当たり前で、深夜遅くまで家に帰れない人もいます。

プレッシャーがかかる

常にどういう動き方になるか先を読んで、仕事もすることになります。

分からなくても、上司や先輩に聞けない雰囲気があります。

それは一人一人、役割分担が決まっていて自分でなんとかして解決できるしなければいけません。

さらには企業との納期があるので、間に合わさないといけないプレッシャーが重くのしかかってきます。

うつになる人も多い

毎日の残業続きで、体力や精神的にも疲れ果てて、うつになって辞めていく人もいます。

身体が拒否反応を起こしてしまって、仕事が手に付けなくなってしまうのです。

消化したようなことが、プログラマーの世界にはよくあることなのです。

人材不足の業界なので、未経験でも比較的就職しやすいですが予測以上の過酷さから逃れたくなってしまうのです。

それは正社員で就職しようとするからなのかもしれません。

派遣から働いてみるのもあり

正社員は、仕事が安定していていいかもしれません。

その分、責任感が重くなり難しい仕事をするハメになったり、仕事を押し付けられることもあります。

日々の仕事のしんどさから、体を壊してうつや病気になると元も子もありません。

だったら派遣から始めてみることもありだと思います。

派遣が、派遣会社に登録にして企業に働きに行くことになります。

安定しているとは言えませんが、契約で決められた働き方になります。

ですので、残業もほとんどなく、プレッシャーも少なくて済みます。

また、悩みや不安の派遣担当者に相談できて、解決することもあって一人で抱え込む心配がないのです。

契約期間しか働くことはできませんが、企業に実力を認めてもらえれば正社員になることだってできますよ。

自分ができるかどうか様子を見ながら働く意味でもオススメですよ。

正社員でも、実力がなければ解雇になることだってありますからね。

未経験からプログラマーの世界に入りたいのであれば、派遣という選択肢もありだと思いますよ。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

プログラマーは稼げる職業の一つ

プログラマーは、稼いでいける職業の一つです。

ですが、最初は下請け会社に就職して、苦労を重ねることが一般的です。

スキルが上がっていけば、大手企業やフリーランスで稼いでいくことができます。

今回は、プログラマーになる大変さや稼ぐ方法を紹介していきます。

プログラマーは、下請け会社から働くことになる

プログラマーは、稼ぐことができる職種の一つです。

ですが、稼げる人人は一握りなのです。

まずプログラマーになるには、資格はなくても大丈夫です。

また、大学で知識を身に付けて就職する人もいますが、なくても就職できます。

というのも、プログラマーは人材不足の業界で、根性・考える力があればできるからです。

ですが、イメージよりも過酷な現場についていけなくて、就職してもすぐ辞めてしまうのが現状なんです。

プログラマーは、常にパソコンと向き合って、アプリ・プログラムの設計・開発・動作チェック、メンテナンスをひたすらやり続けます。

しかも教えてもらうことが難しく、解決していかなければいけません。

そのうえ人手不足なので、仕事が次から次へと溜まっていって、残業、徹夜続きになって家に帰れないことも当たり前なのです。

そこまで働いても平均年収は、350~500万円と高いとは言えません。

下請け会社にいる以上、給料アップは期待できないことが多いです。

プログラマーで一人前になるには、10年以上の歳月がかかってしまいます。

それを乗り越えると、初めてスキルアップできる可能性が高くなるのです。

では、年収アップして稼いでいくにはどうしたらいいでしょうか?

プログラマーは稼げる

稼いでいくには、大きく分けて二つの方法があります。

大手企業

下請け会社で、実力が認められると引き受けという話もあります。

好条件で転職できて、年収もぐんと高くなります。

さらには、思い通りのソフトウェアの開発にも携わっていくことも可能です。

下請け会社のように、こきを使われることも少なくないのでやりがいが感じられると思いますよ。

フリーランスで稼いでみる

もう一つは、会社にはいかずにフリーランスとして働くこともできます。

これまでのクライアントから仕事をもらったりできれば、会社を通さないから稼ぐ額なアップしますよ。

他には、自分でアプリを開発することもの能力があればできます。

今は、スマホ用のアプリでヒットすれば、それだけで何十億と稼いでいる人もいます。

最初から、会社に行かずにアプリ開発できるのであれば、ぞっちのほうがいいかもしれません。

いずれにしても、あなたの才能や知識があれば稼いでいける職業ですよ。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

プログラマーは人口減少になっている

プログラマーは、人口減少になっている職業の一つです。

それは、やることが難しイイメージがあり、就職してもすぐに辞めてしまうからです。

そうならないために、コクが対策委乗り出しています。

今回は、プログラマーの人口減少する理由や対策に迫っていきます。

IT業界は人口減少している

日本のIT業界は人口減少になっています。

その中でも、プログラマ―の職種は急激に減少しています。

就職しても、仕事内容がキツクテ辞めてしまうことが大きいです。

未経験でも就職できるけど、即戦力になる人材が生まれないことがあります。

それは、IT業界は変動が激しい業界です。

日々新しい知識や技術を取り入れなけば、追いつけなくなります。

そのうえプログラム―は、一つ一つの言語が難しすぎて一人前になるのに10年以上かかってしまいます。

それまでずっと下積み生活のように感じです・・・

一つの言語を間違えただけでもプログラムが動かなくなったり、エラー表示になってしまいます。

だから常に気が付けない状態で、考えることも多くなります。

一つの仕事におまれていると、新たに仕事が次から次へと入ってきますので残業になってしまうのです。

しかも紹介したように、人材不足になっているので少ない人数で仕事を回すことになります。

プログラマーは、華やかな職業に思ってしまう人も多いですが、ごく一部なのです。

下積み生活でスキルを磨いて、スキルアップすることで独立できたり、大企業に転職することができるのです。

ですが、プログラマーの人口減少は日本だけなのです、

アメリカや中国は、人口増加につながっているんです。

なじみにくい職業だからこそ、国を挙げて改善しようとしています。

小学生の授業に義務化される

国は、2020年に小学校のでプログラム授業を義務化する予定を組んでいます。

小学生から、プログラムに触れて興味を持ってもらおうとしています。

そして将来プログラマーを仕事として、人口減少にストップをかけようとしています。

これは、2013年にサイバーエージェントがプログラミング教室を開いたことがきっかえになっています。

さらには、脳が柔らかい小学生の内から勉強していくことで、覚えてい活かすことが早くもなりますよね。

そうすると、優秀なプログラマーが育ちやすくなります。

国としても、人口減少を食い止めるために乗り出したわけです。

将来的にも、プログラマーは残っていく可能性が高いので、ソフトウェアの開発があればオススメの仕事でもあります。

あなたも、人口減少を止める一人になりませんか?

 

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ