プログラマーはセンスが必要

プログラマーは、スキルを求められる職業です。

一つの仕事をいかに効率よくできるのかが重要です。

いくら仕事ができたからと言って、時間がかかってしまうので納期に間に合わなくなってしまいます。

プログラマーは、日々著しく変化していくので覚えることも多くあり、知識をどのように活かすことができるのかってことです。

つまり知識と技術を追いつけていけないと仕事にならないことにあります。

そのためには、基礎ができていないと応用をその上に重ねてしまっても崩れてしまうってことなんです。

この基礎の部分はいわばセンスになります。

プログラマーに求められるセンス

センスがなければ、基礎ができていないことになり仕事のスピードが遅くなってしまいます。

構文が書ける

プログラムは、構文を書いてシステムを動かすことになります。

つまり、構文がプログラマが最初の覚えなければいけない基礎であります。

基礎ができないと、応用ができないことになります。

だからいくら知識を入れたとしても、技術が伴わないことになります。

まずは、基礎を何回も繰り返して覚えることが必要ですね。

エラーに素早く対処できる

システムが動かないことになると、エラーが発生します。

言語が一つでも間違ってしまうと、エラー表示が出てしまうのです。

クライアントからシステムが動かなくなったので、直してほしいといわれることはあります。

その時に、時間がかかってしまうとクライアントから仕事がもらえなくなります。

前述の構文が理解できていると、エラーを見ればどこが間違っているのか分かって直すことができます。

エラーに素早く対処できるように、とにかく慣れることですね。

美しくかく

構文は、自分だけがわかればいいというわけではありません。

自分が書いた構文を、ほかの人が仕事上で修正することだってあります。

ですので、誰が見てもわかるようにきれいに美しく書いていく必要があります。

美しく書くと、見つけるのも簡単ですし素早く修正することができます。

センスを磨くには

センスがないからと言ってあきらめることはありません。

最初は、だれでもつまづいて時間もかかっていました。

ですので、あきらめずに何回も繰り返して、できるようにしていくことが大切です。

失敗した、ミスったことを無駄にしないように、次こそはできるようにという気持ちを持つことが大切なのです。

そういった向上心があれば、センスを磨いていって成長していくことができますよ。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :