プログラマーは、アルバイトから正社員になれる

あなた、正社員でプログラマーになるとしていますか?

就職しても、プレッシャーも感じて続かない人も多くいます。

だからこそ、アルバイトから始めてみることをオススメします。

今回は、プログラマーに求められることやアルバイトからが良い理由を紹介していきます。

正社員からなるには、根性がいる

プログラマーは、常にパソコンと向き合って仕事をやっていかなければなりません。

仕事をしながら、考えていくことも求められ一人で解決していく必要があります。

というのも、プログラマーは一人一人手分けして、やっていることが多いです。

聞いたとしても、上司や先輩も違う業務なので分かりません。

できなかったら、できるまで残業になって家に帰れないことも頻繁にあります。

その多くは、嫌になって辞めてしまいます。

正社員となれば、責任感が重く難しい仕事も多くなり、プレッシャーがかかってきます。

プログラマーに求められることは、コミュニケーション能力よりも知識や考えられることを含めた根性なのです。

仕事が好きで夢中になるくらいの勢いでないと、続けていくことはできません。

プログラマーは、長く続かない人が多く人手不足になっている業界です。

だから未経験でも就職できることはできます。

でも、何も知らない状態で就職してしまうと、紹介したように辞めてしまうのです。

ですが、仕事は何でもやって見ないと分からない部分も多いと思います。

それならば、正社員で就職するよりもアルバイトから始めてみるのもいいかもしれません。

アルバイトから始めたほうがいいかも

アルバイトなら、正社員のように責任感が重くありません。

だから自分に仕事があっているか様子を見ながら働くことができます。

仮に、できなかったとしても残業で夜遅くまで残ることはないので、プレッシャーを感じることは少ないはずです。

就職したいからといって、無理にIT業界に入るとかえってしんどい思いをすることもあります。

また、アルバイトで入って実力が認められて正社員で就職できる人も多くいます。

プログラマーは、未経験であればまず下請け会社にしか入れてもらえます。

実力をつけていくと、大手企業に転職できるケースがあるのです。

だから、かえって正社員で辛いおもをするよりかは、アルバイトから始めて実力をつけて転職していくこともできますよ。

まずは、正社員で就職してどうかなと思うあなたは、アルバイトから正社員で就職することを考えて見てこともオススメです。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :