バイトからでもプログラマーになれる

あなたは、正社員でプログラマーになろうとしていますか?

正社員で就職すると、精神的に辛くてうつ状態になってしまうことも多いです。

ですから、アルバイトから始めてみることもオススメします。

今回は、プログラマーの大変さやバイトから始めたほうがいいオススメな理由に迫っていきます。

プログラマーはバイトからのほうがいい

就職するなら正社員でと考えている人も多くいます。

しかし、正社員就職してしまうと責任感が重くなり、仕事ができなければ辛いことが多くなります。

プログラマーは、アプリやソフトウェアの設計や開発、動作チェック、あるいは入力チェックといった簡単な仕事から難しい仕事まであります。

常にパソコンと向き合って考えなければいけない粧業なので、うつ状態になってしまう人が多くいます。

だから慣れないうちは、アルバイトから始めることが良いですよ。

プログラマーのここが大変!!

プログラマーは、華やかに見られがちですが地道な仕事ばかりです。

だから、始めたばかりの人はツラくて、大変だと思う方も多くいます。

残業が多い

クライアントの契約により、納期があります。

どんな理由であっても間に合わせないといけないし、他にも仕事が来て同時進行でやらないといけないことは頻繁にあります。

だから、定時で終わることはめったになく、残業が多くなり、徹夜なってしまうことが珍しくはありません。

体力も使いますし、体調を崩してしまうこともあります。

一人でやらなければいけない

プログラマーは、仕事の前に打ち合わせをして役割分担を決めます。

一人一人、やっている仕事が違うため、分からないことがあっても聞く人がいません。

自分で考えて解決していく必要があります。

人間関係

パソコンに向き合っている時間は多いですが、打ち合わせや商談もあり話すこともあります。

話すときと仕事をするときとの線引きがに悩む人がいます。

さらには、できなければ上司や先輩に迷惑をかけることがあり、人間関係が悪くことにもなりかねます。

紹介したようなことがあるので、始めから正社員で就職すると大変なんですよね。

バイトから正社員になれる

バイトから始めると、正社員よりかは責任感が軽く、仕事も比較的簡単なことをさせてもらえます。

慣れていけば難しい仕事へとシフトチェンジすることができます。

また、バイトでも実力がついていけば正社員にランクアップさせてもらえることは珍しくありません。

さらには、実力社会の部分もあるので、高収入見込めるチャンスもありますよ。

プログラマーになりたいと思っているあなたは、自分のペースで仕事ができる、バイトから始めてみることもオススメですよ。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :