未経験からプログラマーになるには派遣もありかも

あなたは、正社員でプログラマーになりたいですか?

プログラマーの世界は、未経験からだと重圧がのしかかって辞めていく人も多いです。

ですので、派遣から様子を見ながら働いてみることもありかもしれません。

今回は、プログラマーでの過酷さや派遣をオススメする理由に迫っていきます。

プログラマー業界の現状

プログラマーは世間からはかっこいい、稼げる、今どきというイメージがありますよね。

しかし、現状はそうではないギャップがたくさんあるのです。

残業が多い

IT業界を含めたプログラマーは、残業が多いのです。

プログラムは、言語で動いているので一つでもミスが出てしまうと動かなくなってしまうので、慎重にしなければいけません。

そのうえ次から次から仕事が舞い込んできます。

残業になるのは当たり前で、深夜遅くまで家に帰れない人もいます。

プレッシャーがかかる

常にどういう動き方になるか先を読んで、仕事もすることになります。

分からなくても、上司や先輩に聞けない雰囲気があります。

それは一人一人、役割分担が決まっていて自分でなんとかして解決できるしなければいけません。

さらには企業との納期があるので、間に合わさないといけないプレッシャーが重くのしかかってきます。

うつになる人も多い

毎日の残業続きで、体力や精神的にも疲れ果てて、うつになって辞めていく人もいます。

身体が拒否反応を起こしてしまって、仕事が手に付けなくなってしまうのです。

消化したようなことが、プログラマーの世界にはよくあることなのです。

人材不足の業界なので、未経験でも比較的就職しやすいですが予測以上の過酷さから逃れたくなってしまうのです。

それは正社員で就職しようとするからなのかもしれません。

派遣から働いてみるのもあり

正社員は、仕事が安定していていいかもしれません。

その分、責任感が重くなり難しい仕事をするハメになったり、仕事を押し付けられることもあります。

日々の仕事のしんどさから、体を壊してうつや病気になると元も子もありません。

だったら派遣から始めてみることもありだと思います。

派遣が、派遣会社に登録にして企業に働きに行くことになります。

安定しているとは言えませんが、契約で決められた働き方になります。

ですので、残業もほとんどなく、プレッシャーも少なくて済みます。

また、悩みや不安の派遣担当者に相談できて、解決することもあって一人で抱え込む心配がないのです。

契約期間しか働くことはできませんが、企業に実力を認めてもらえれば正社員になることだってできますよ。

自分ができるかどうか様子を見ながら働く意味でもオススメですよ。

正社員でも、実力がなければ解雇になることだってありますからね。

未経験からプログラマーの世界に入りたいのであれば、派遣という選択肢もありだと思いますよ。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :