海外でプログラマーとして働くのは難しい

海外でプログラマーになるには

英語で話せないといけない

海外で働く場合からがは、なんといっても英語を話すことができないと仕事ができないでしょう。

ペラペラでなくてもかまいま実力せんが、ある程度の日常会話はできなければいけませんね。

特にプログラマーの技術が高いのは、ドイツや北米です。

ITの知識をより高めていきたいと思うなら、ドイツ語の就職が必須といえます。

就労ピザが必要

就職ピザは、外国で長期的に住む場合になくてなならないものです。

取得するには、学歴やこれまでの経験・英語力がそろっていなければいけません。

時間と費用が掛かってしまうために、ハードルが上がっていることもあります。

ですから、インターシップを利用することでインターシップ研修ピザが簡単に取得できます

実力が必要

アメリカでのプログラマーは高い地位とされて、大学の工学を学んだ人だけがなることができます。

日本ではこれからですが、幼児からプログラマー教育をさせて知識と技術を習得できるようにしています。

若いうちから育てることで、プログラマーが身近なものになり人材不足にならないように取り組んでいるのです。

年収はかなり高い

狭き門のために、年収も高くなり増します。

プログラマーの平均は900~1000万円以上とも言われています。

大学に出て、高い知識と技術も持っているからこそ、これだけの給料が払われるわけですね。

このように、海外にプログラマーとして働くだけと考えた時には、黒がつきものだということが分かったと思います。

日本とは違う

アメリカと日本では、明らかに違いがあります。

技術や知識はアメリカのほうが、上ということです。

それとは別に、プログラマーになれるかどうかに違いがあるのです。

アメリカは、前述のように大学に出て博士号や修士を衆力しないとプログラマーになることができないと紹介しました。

ですが、日本は大学に出ていなくても未経験でもなれるいうことです。

特に知識やスキルは必要ないということです。

就職してからが大変です。

著しく進歩しているので新しい知識と技術を覚えながら、仕事をすることをしないといけません。

日本のプログラマーは人材不足になっていて、就職してから教えてもらえる環境ではないのです。

自分でスキルを磨いていくないのです。

就職が比較的簡単な分、就職してからが大変なのが日本なのです。

ですから海外とは真逆な考えといえます。

アメリカは実力社会なので、実力がなければ就職すらできない現状にあるのです。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :