プログラマーとして働く環境が大切

プログラマーとして働くのだったら、環境が大事

IT業界さらに言えばパソコンを使う仕事であれば環境が大事です。

ここでいう、環境とは職場の雰囲気とは別に、仕事をする上でどのようなアイテムを使っているかということです。

プログラマーは、データを読み書きすることが多く、重いデータを扱うこともあります。

だから、データ処理に時間がかかってしまうと、それだけでタイムロスしてしまって仕事が遅れることになります。

スキルというのが一番大事で、高ければ効率も早くすることができますよね。

そのサポートをすることがパソコン環境にあるといっても過言ではありません。

はっきり言えば、仕事は出来る人はそれなりのいい機材を使っています。

値段はかかるかもしれませんが、仕事の効率化を考えれば環境が整った機材がいいと答える人も多くいます。

では、どのような環境があればいいのでしょうか?

重視する環境

OS

OSは、パソコンを動かすシステムのことです。

OSがあることで、パソコンを動かすことができています。

主にはWindowsやMACに分かれます。

多くのIT企業で使われているのは、MACですね。

処理速度が早いので、スムーズな動きができて固まることが少ないのです。

また、windowosよりもトラブルや故障が少ないので長く使うことができますね。

HDD(ハードディスク)

HDDは、パソコン内に入れるデータ容量のことです。

データが重くなってくると、当然動きが遅くなって処理速度が遅くなります。

前述のように、仕事をするうえでデータを保存することも増えてきます。

容量が大きければそれだけデータ保存できるということになります。

メモリ

メモリとはHDDとは違って、たくさんのソフトを立ち上げたときの動きのことです。

複数のソフトを起動して、行うこともあるために大きめのメモリ容量にしておく必要がありますね。

マウス

マウスは、カーソルの動きやホイール(くるくる回す部分)が使いやすいか見極めることが必要ですね。

あるいは、戻る、次へボタンが付属されているマウスを使うことでも、素早い動きになります。

キーボード

人によって、キーボードの押す硬さの善し悪しがあります。

自分にあったキーボードを使うことで、文字入力の速さが変わってきますよ。

代表的なパソコン環境を見てきて、どれだけ仕事に重要であるかわかったと思います。

環境によって、仕事が遅れることのないようにできる限り性能のいいものを選ぶことが大切ですよ。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :