プログラマーは稼げる職業の一つ

プログラマーは、稼いでいける職業の一つです。

ですが、最初は下請け会社に就職して、苦労を重ねることが一般的です。

スキルが上がっていけば、大手企業やフリーランスで稼いでいくことができます。

今回は、プログラマーになる大変さや稼ぐ方法を紹介していきます。

プログラマーは、下請け会社から働くことになる

プログラマーは、稼ぐことができる職種の一つです。

ですが、稼げる人人は一握りなのです。

まずプログラマーになるには、資格はなくても大丈夫です。

また、大学で知識を身に付けて就職する人もいますが、なくても就職できます。

というのも、プログラマーは人材不足の業界で、根性・考える力があればできるからです。

ですが、イメージよりも過酷な現場についていけなくて、就職してもすぐ辞めてしまうのが現状なんです。

プログラマーは、常にパソコンと向き合って、アプリ・プログラムの設計・開発・動作チェック、メンテナンスをひたすらやり続けます。

しかも教えてもらうことが難しく、解決していかなければいけません。

そのうえ人手不足なので、仕事が次から次へと溜まっていって、残業、徹夜続きになって家に帰れないことも当たり前なのです。

そこまで働いても平均年収は、350~500万円と高いとは言えません。

下請け会社にいる以上、給料アップは期待できないことが多いです。

プログラマーで一人前になるには、10年以上の歳月がかかってしまいます。

それを乗り越えると、初めてスキルアップできる可能性が高くなるのです。

では、年収アップして稼いでいくにはどうしたらいいでしょうか?

プログラマーは稼げる

稼いでいくには、大きく分けて二つの方法があります。

大手企業

下請け会社で、実力が認められると引き受けという話もあります。

好条件で転職できて、年収もぐんと高くなります。

さらには、思い通りのソフトウェアの開発にも携わっていくことも可能です。

下請け会社のように、こきを使われることも少なくないのでやりがいが感じられると思いますよ。

フリーランスで稼いでみる

もう一つは、会社にはいかずにフリーランスとして働くこともできます。

これまでのクライアントから仕事をもらったりできれば、会社を通さないから稼ぐ額なアップしますよ。

他には、自分でアプリを開発することもの能力があればできます。

今は、スマホ用のアプリでヒットすれば、それだけで何十億と稼いでいる人もいます。

最初から、会社に行かずにアプリ開発できるのであれば、ぞっちのほうがいいかもしれません。

いずれにしても、あなたの才能や知識があれば稼いでいける職業ですよ。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :