最新記事


プログラマーって資格が必要なの?

あなたは、プログラマ―にとって資格は必要だと思いますか?

資格は有利になるのですが、しれよりも「やる気」がないといけません。

今回は、プログラマーになるために必要なことと資格の関係性に迫っていきます。

プログラマーは、資格が必要?

プログラマーは、どんなイメージを聞いたときに難しそう、できそうにないという方が多くいます。

ですが、プログラマーは物事も考えたり、イメージすることが多い職業です。

机に座って、ひたすらパソコンに向き合って黙々作業する感じです。

もちろん、分からないことが出てくるのは日常茶飯事です。

その都度、自分で解決していかなくてはいけません。

先輩や上司に聞くことは基本NGです。

なぜなら、教えるだけの時間が確保できないからです。

それに、プログラマーはみんな分担して

仕事をしていることが多いです。

一人一人やっている仕事が違います。

だからいきなり聞かれても、何をやっているか理解するところから始まって教えるとなると、もっと時間がかかってしまいます。

その間に、自分の仕事も止まってしまいます。

最初は、教えてもらうことはありますが、基本は自分で考えて仕事をしなければいけません。

また、資格は別になくても仕事はやって行けます。

資格よりも、知識を覚えて仕事に活かすことが先決なのです。

さらには、考えるためにはやる気ということが求められます。

途中で逃げ出したくなるかもしれませんが、そこを乗り越えるためには「自分はできる」と思ってやらなければいけません。

やる気さえあれば、考えられるようになってできることが増えていきますよ。

資格はなくてもプログラマーになれることが分かったと思います。

では、資格はあっても意味がないのかというと、仕事をするうえでの知識が増えることを考えると持っていたほうがいいです。

プログラマーに、取っておいたらいい資格

どんな資格があればいいのでしょうか?

参考までに紹介しておきます。

  • 応用情報技術者試験
  • C言語プログラミング能力検定試験
  • Java™プログラミング能力認定試験

これらは、プログラマとしてやっていくために覚えてかなければいけない知識です。

知識を活用することで、どのようにしたら仕事ができるのか考えやすくなります。

資格が有ればプログラマーになれると言うものではありません。

紹介したように、「やる気」があってそのうえで知識が備わって入ればプログラマーに向いているといえます。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ