最新記事


プログラマーとして成長していくには

あなたは、プログラマーとしてやっていく自信はありますか?

プログラマーは、日々の変動が激しく新しい知識や技術が求められます。

努力を惜しまないことが、成長していくことにつながるのです。

今回は、プログラマーとして成長していくために求められることを紹介していきます。

プログラマーとして、成長できる人できない人がいる

プログラマーは、プログラムの読み込み、開発、動作チェックなどの仕事とする人です。

言語が一つでも間違っていたら動かなくなるので、常に集中力が抜けない仕事の一つです。

仕事をするときは、それだけのことを考えてやり続けるので、当然わからないことがあっても聞く人なんていません。

自分でそうに解決していくしかありません。

つまり、根気強く仕事をやっていく必要があります。

日々、新しいプラグラム―が変更されたり、開発しなければいけないので仕事をやりつつ、覚えていかなければなりません。

常に仕事に対して前向きやっていかなければ、周りに追い抜かれていくことにもなります。

だから、プラグラマーや人材不足になってしまって、未経験で入る人はいるけど辞めてしまう人も多いのです。

そこを乗り越えるためには、日々新しいことを覚えて実践していかなくてはいけません。

それがプログラマーとして成長していく人とできない人の大きな違いなのです。

成長していくには

プログラマーとして成長していくには、日々の努力と資質もいります。

それでは、どんなことが必要なのか具体的に見ていきましょう。

自宅でも勉強している

プログラマーを含めIT業界は、日々当たらい以後術や知識が入ってきて変動が激しい業界です。

ですので、仕事だけしていればいいわけではありません。

自宅でもネットや参考書を買って新しい知識を吸収して、実践してみて技術を高めていかなければいけません。

発想力

目の前の仕事をやっているいるときに分からないことが出てきます。

同じ考え方をしていると、解決できなかったり時間がかかりすぎてしまうことがあります。

別の角度から考えていく発想力が必要になります。

柔軟性

プログラムは一つでも言語が違ってしまうと動かなんくなります。

だから、慎重に難しく考えてしまうことは無理もありません。

ですが、簡単に考えてたり、やり方を変えることでできることがあります。

一つの考え方にならないように、柔軟に考えることも必要です。

プログラマーは、奥が深くて新しい知識や技術を身に付けていかなくてはいけません。

紹介したようなことができるように、一日一日努力を惜しまないことが、プログラマーとして成長していくことになりますよ。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

バイトからでもプログラマーになれる

あなたは、正社員でプログラマーになろうとしていますか?

正社員で就職すると、精神的に辛くてうつ状態になってしまうことも多いです。

ですから、アルバイトから始めてみることもオススメします。

今回は、プログラマーの大変さやバイトから始めたほうがいいオススメな理由に迫っていきます。

プログラマーはバイトからのほうがいい

就職するなら正社員でと考えている人も多くいます。

しかし、正社員就職してしまうと責任感が重くなり、仕事ができなければ辛いことが多くなります。

プログラマーは、アプリやソフトウェアの設計や開発、動作チェック、あるいは入力チェックといった簡単な仕事から難しい仕事まであります。

常にパソコンと向き合って考えなければいけない粧業なので、うつ状態になってしまう人が多くいます。

だから慣れないうちは、アルバイトから始めることが良いですよ。

プログラマーのここが大変!!

プログラマーは、華やかに見られがちですが地道な仕事ばかりです。

だから、始めたばかりの人はツラくて、大変だと思う方も多くいます。

残業が多い

クライアントの契約により、納期があります。

どんな理由であっても間に合わせないといけないし、他にも仕事が来て同時進行でやらないといけないことは頻繁にあります。

だから、定時で終わることはめったになく、残業が多くなり、徹夜なってしまうことが珍しくはありません。

体力も使いますし、体調を崩してしまうこともあります。

一人でやらなければいけない

プログラマーは、仕事の前に打ち合わせをして役割分担を決めます。

一人一人、やっている仕事が違うため、分からないことがあっても聞く人がいません。

自分で考えて解決していく必要があります。

人間関係

パソコンに向き合っている時間は多いですが、打ち合わせや商談もあり話すこともあります。

話すときと仕事をするときとの線引きがに悩む人がいます。

さらには、できなければ上司や先輩に迷惑をかけることがあり、人間関係が悪くことにもなりかねます。

紹介したようなことがあるので、始めから正社員で就職すると大変なんですよね。

バイトから正社員になれる

バイトから始めると、正社員よりかは責任感が軽く、仕事も比較的簡単なことをさせてもらえます。

慣れていけば難しい仕事へとシフトチェンジすることができます。

また、バイトでも実力がついていけば正社員にランクアップさせてもらえることは珍しくありません。

さらには、実力社会の部分もあるので、高収入見込めるチャンスもありますよ。

プログラマーになりたいと思っているあなたは、自分のペースで仕事ができる、バイトから始めてみることもオススメですよ。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

プログラマーはうつになりやすい

プログラマーは、うつになりやすい職業の一つです。

パソコンに向き合うことで、ストレスになってうつになってしまうのです、

だから、ストレス発散できることで防ぐことができます。

今回は、プログラマーがうつになってしまう原因や対策法に迫っていきます。

うつになりやすい原因

プログラマーは、どんなイメージを持っていますか?

何も考えずに就職してしまうと、うつになってしまうことが多いです。

どんなことが原因でうつになってしまうのか紹介していきます。

常にパソコンと向き合う

IT業界でもプログラマーは、パソコンに付き合う時間が長いです。

言語を読み取ったり、打ち込んだりするしなければなりません。

簡単なことから考えてながら行う必要が出てくる難しい仕事まであります。

いずれにしても、一文字でも間違えてしまうと、エラーが起きたり動かなくなってしまいます。

だから、常に慎重になり精神的にもきつくなる人が多くなります。

こだわりすぎる

正解は様々あるのですが、あまり難しいやり方でこだわってしまうことがあります。

こだわると時間が無くなってしまい、仕事が次々にたまっていってしまいます。

性格がまじめすぎると、機転を利かした発想ができないことがあります。

納期がある

クライアントの契約があって仕事をやっている以上は、納期があります。

納期にはどんなことがあっても、間に合わせないといけません。

また、やっているいる最中にあたらな仕事が入ることも十分にありえます。

目の前の仕事だけに気を取られていると、終わらない状況になってしまいます。

人間関係

プログラマーは、一人で黙々できる仕事です。

しかし、打ち合わせや商談などで話すことも増えます。

そこで話すことがかみ合っていないと、仕事のミスにもつながって人間関係がわるくなっていきます。

話すないといけない時とパソコンに向かうメリハリをしあければいけません。

紹介したようなことが、一日一日積み重ねっていくことでうつになりやすいです。

そうならないためには、休日を使って息抜きをしたほうがいいですよ。

ストレスを発散することが大事

休日は休むことが一番です。

仕事のことは一旦忘れて、ONとOFFを作ることが大切です。

運動

パソコンの前にずっといる仕事なので、体は全くといっていいほど動かしません。

それが余計に疲れたりするので、体調を崩すことにもなってしまうので、軽めの運動をするようにしましょう。

ジョギングしてみたり、好きなスポーツをすることでもリフレッシュできるのでオススメですよ。

こだわりすぎない

あまり、こだわって考えすぎないことも必要です。

別の角度から見ると、あっさり方法が思いつくかもしれません。

できなければ、他の仕事を片付けてからまたやって見ると良いかもしれませんよ。

パソコンと向き合う時間が長くなりすぎることで、うつになりやすい人が多いです。

ですので、ONとOFFのメリハリをつけて仕事ができるように工夫してみてくださいね。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

プログラマーは将来的にいらなくなるのか?

あなたは、AIの進歩を知っていますか?

将来的になくなるといわれている仕事もあります。

プログラマーも、あるとは断言できないので、日々知識や技術を取り入れることが大切です。

今回は、AIから見たプログラマーの将来や対応策に迫っていきます。

AIの進歩は速い

あなたは、AIについてどのように思っていますか?

AIとは人工知能のことで、人の助けができるように知能があるシステムのことです。

ニュースでも取り上げられているように自動運転やお掃除ロボ「ルンバ」が思い浮かびます。

事実、研究段階から始められいて、性能が格段に改善されてきています。

今後はもっとAIの発達されることが期待され生活がより便利になっていきます。

1900年代でも考えられなかったことが、今も普通にできている時代です。

ですが科学者や研究者の成果があってか2000年代に入って急激に発達してきました。

10年後にさらなる進歩が予想されています。

工場やドライバー、営業職、レジの店員など消えていくとニュースでもよく見かけます。

そして2045年には人工知能が人間の知能を超えるといわれています。

そうなることで、人間がしている仕事が少しずつなくなってきてしまう問題が起こって、求職者が増えてきてしまいます。

AIは、人間と違ってミスが少なくなり、疲れるといったこともないから常に同じ速度で作業できます。

まずはこの10年で大きく変わるといわれているようです。

プログラマーの仕事はなくなるの?

では、プログラマーはいらなくなるのか?

今のところAIにも限界があります。

パソコンで文字を入力したり、資料をまとめたりといったことはできます。

だからコーディングはできるけどデザインはできないと思われています。

デザインは、センスや創造するクリエイティブな部分が含まれるから、今後10年はまだあるといえます。

ソフトウェアの開発もAIが、創り出すことは今のところできません。

しかし、日々人間に近づいてきていて、どこかまでできるかは未知数な所があります。

だから2045年にも必ずあるとは断言できないのです。

いくら人間ががんばっても、脳には限界があります。

それを超えるものを作られたらどうしようもありませんね。

だから、将来プログラマーがいらなくなるとは断言できません。

常にアンテナを張って、新たな知識や技術を取り入れることで生き残る可能性はあるといえます。

将来のことを考えて動いていくことが今できることですね。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

プログラマーは、アルバイトから正社員になれる

あなた、正社員でプログラマーになるとしていますか?

就職しても、プレッシャーも感じて続かない人も多くいます。

だからこそ、アルバイトから始めてみることをオススメします。

今回は、プログラマーに求められることやアルバイトからが良い理由を紹介していきます。

正社員からなるには、根性がいる

プログラマーは、常にパソコンと向き合って仕事をやっていかなければなりません。

仕事をしながら、考えていくことも求められ一人で解決していく必要があります。

というのも、プログラマーは一人一人手分けして、やっていることが多いです。

聞いたとしても、上司や先輩も違う業務なので分かりません。

できなかったら、できるまで残業になって家に帰れないことも頻繁にあります。

その多くは、嫌になって辞めてしまいます。

正社員となれば、責任感が重く難しい仕事も多くなり、プレッシャーがかかってきます。

プログラマーに求められることは、コミュニケーション能力よりも知識や考えられることを含めた根性なのです。

仕事が好きで夢中になるくらいの勢いでないと、続けていくことはできません。

プログラマーは、長く続かない人が多く人手不足になっている業界です。

だから未経験でも就職できることはできます。

でも、何も知らない状態で就職してしまうと、紹介したように辞めてしまうのです。

ですが、仕事は何でもやって見ないと分からない部分も多いと思います。

それならば、正社員で就職するよりもアルバイトから始めてみるのもいいかもしれません。

アルバイトから始めたほうがいいかも

アルバイトなら、正社員のように責任感が重くありません。

だから自分に仕事があっているか様子を見ながら働くことができます。

仮に、できなかったとしても残業で夜遅くまで残ることはないので、プレッシャーを感じることは少ないはずです。

就職したいからといって、無理にIT業界に入るとかえってしんどい思いをすることもあります。

また、アルバイトで入って実力が認められて正社員で就職できる人も多くいます。

プログラマーは、未経験であればまず下請け会社にしか入れてもらえます。

実力をつけていくと、大手企業に転職できるケースがあるのです。

だから、かえって正社員で辛いおもをするよりかは、アルバイトから始めて実力をつけて転職していくこともできますよ。

まずは、正社員で就職してどうかなと思うあなたは、アルバイトから正社員で就職することを考えて見てこともオススメです。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ

プログラマーって資格が必要なの?

あなたは、プログラマ―にとって資格は必要だと思いますか?

資格は有利になるのですが、しれよりも「やる気」がないといけません。

今回は、プログラマーになるために必要なことと資格の関係性に迫っていきます。

プログラマーは、資格が必要?

プログラマーは、どんなイメージを聞いたときに難しそう、できそうにないという方が多くいます。

ですが、プログラマーは物事も考えたり、イメージすることが多い職業です。

机に座って、ひたすらパソコンに向き合って黙々作業する感じです。

もちろん、分からないことが出てくるのは日常茶飯事です。

その都度、自分で解決していかなくてはいけません。

先輩や上司に聞くことは基本NGです。

なぜなら、教えるだけの時間が確保できないからです。

それに、プログラマーはみんな分担して

仕事をしていることが多いです。

一人一人やっている仕事が違います。

だからいきなり聞かれても、何をやっているか理解するところから始まって教えるとなると、もっと時間がかかってしまいます。

その間に、自分の仕事も止まってしまいます。

最初は、教えてもらうことはありますが、基本は自分で考えて仕事をしなければいけません。

また、資格は別になくても仕事はやって行けます。

資格よりも、知識を覚えて仕事に活かすことが先決なのです。

さらには、考えるためにはやる気ということが求められます。

途中で逃げ出したくなるかもしれませんが、そこを乗り越えるためには「自分はできる」と思ってやらなければいけません。

やる気さえあれば、考えられるようになってできることが増えていきますよ。

資格はなくてもプログラマーになれることが分かったと思います。

では、資格はあっても意味がないのかというと、仕事をするうえでの知識が増えることを考えると持っていたほうがいいです。

プログラマーに、取っておいたらいい資格

どんな資格があればいいのでしょうか?

参考までに紹介しておきます。

  • 応用情報技術者試験
  • C言語プログラミング能力検定試験
  • Java™プログラミング能力認定試験

これらは、プログラマとしてやっていくために覚えてかなければいけない知識です。

知識を活用することで、どのようにしたら仕事ができるのか考えやすくなります。

資格が有ればプログラマーになれると言うものではありません。

紹介したように、「やる気」があってそのうえで知識が備わって入ればプログラマーに向いているといえます。

カテゴリー: プログラマー | コメントをどうぞ