プログラマーの生産性の違い

プログラマーは生産性が重視される

プログラマーの世界は、生産性も求められます。

つまり与えられた仕事どれだけの速さで仕事をすることができるのかよいうことです。

ただ速いだけではなく、いかに満足してもらえるものが出来上がるのかということです。

クライアント相手の仕事なので、できていたとしても組み込んだプログラムが分かりにくいと例えできていたとしても就職するときが大変ですよね。

クライアントが見ないからいいやというのではなくて、誰が見ても分かりやすいように組み込んで書かなければいけません。

技術力

プログラマーは、一番技術力が求められます。

言語をまずは覚えて、どうやって組んでいけばシステムが動いていくのかパターンを知っておくことが必要です。

そのためには、日々著しく変化していく知識を取り入れて、技術を高めていかなけれないけません。

時間

納期が必ずあります。

自分の能力をしてどれくらいのペースでして行けば間に合うのか知っておくことが必要です。

また、次から次へと新しい仕事が出てくるので、並行してできるように時間を決めることも必要です。

時間を有効に使うこと、そのためには仕事をやる順番も大切になってきますね。

環境

周りの環境に合わせて仕事ができるかどうかです。

早くしているのに、あなただけが遅れればそれだけ完成までに時間がかかってしまいます。

また、あなただけが他の作業をしないようにすることも重要です。

生産性の違い

技術力はもちろんのこと、時間や環境に合わせて合わせて作業できることで生産性が高まります。

仕事をうまくこなしていくことができるのです。

これが仕事の速い人と遅い人の違いにあります。

バランスがないと、技術力があっても効率が悪ければ生産性が高くなりません。

知識は持っているのに、これをどうやって活用すればいいのかわからない人も多くいます。

生産性が高い人に近づくには、どのように作業しているのか、仕事の優先順位はどう決めているのかなど観察することが大切です。

そうすると、あなたがどこができていないのかわかってくるかもしれません。

生産性が低ければ、チームワークを乱すことにつながります。

知識があっても活かすことができなければ、意味がないですからね。

また生産性が高いということは、それだけ多くのことをできるということなのでスキルアップになります。

あなたが、生産性が遅いなと感じて行き詰っているのなら、周りの仕事を観察して自分に足りていないことを探してみてくださいね。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :