プログラマーはうつになりやすい

プログラマーは、うつになりやすい職業の一つです。

パソコンに向き合うことで、ストレスになってうつになってしまうのです、

だから、ストレス発散できることで防ぐことができます。

今回は、プログラマーがうつになってしまう原因や対策法に迫っていきます。

うつになりやすい原因

プログラマーは、どんなイメージを持っていますか?

何も考えずに就職してしまうと、うつになってしまうことが多いです。

どんなことが原因でうつになってしまうのか紹介していきます。

常にパソコンと向き合う

IT業界でもプログラマーは、パソコンに付き合う時間が長いです。

言語を読み取ったり、打ち込んだりするしなければなりません。

簡単なことから考えてながら行う必要が出てくる難しい仕事まであります。

いずれにしても、一文字でも間違えてしまうと、エラーが起きたり動かなくなってしまいます。

だから、常に慎重になり精神的にもきつくなる人が多くなります。

こだわりすぎる

正解は様々あるのですが、あまり難しいやり方でこだわってしまうことがあります。

こだわると時間が無くなってしまい、仕事が次々にたまっていってしまいます。

性格がまじめすぎると、機転を利かした発想ができないことがあります。

納期がある

クライアントの契約があって仕事をやっている以上は、納期があります。

納期にはどんなことがあっても、間に合わせないといけません。

また、やっているいる最中にあたらな仕事が入ることも十分にありえます。

目の前の仕事だけに気を取られていると、終わらない状況になってしまいます。

人間関係

プログラマーは、一人で黙々できる仕事です。

しかし、打ち合わせや商談などで話すことも増えます。

そこで話すことがかみ合っていないと、仕事のミスにもつながって人間関係がわるくなっていきます。

話すないといけない時とパソコンに向かうメリハリをしあければいけません。

紹介したようなことが、一日一日積み重ねっていくことでうつになりやすいです。

そうならないためには、休日を使って息抜きをしたほうがいいですよ。

ストレスを発散することが大事

休日は休むことが一番です。

仕事のことは一旦忘れて、ONとOFFを作ることが大切です。

運動

パソコンの前にずっといる仕事なので、体は全くといっていいほど動かしません。

それが余計に疲れたりするので、体調を崩すことにもなってしまうので、軽めの運動をするようにしましょう。

ジョギングしてみたり、好きなスポーツをすることでもリフレッシュできるのでオススメですよ。

こだわりすぎない

あまり、こだわって考えすぎないことも必要です。

別の角度から見ると、あっさり方法が思いつくかもしれません。

できなければ、他の仕事を片付けてからまたやって見ると良いかもしれませんよ。

パソコンと向き合う時間が長くなりすぎることで、うつになりやすい人が多いです。

ですので、ONとOFFのメリハリをつけて仕事ができるように工夫してみてくださいね。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :