プログラマーになるには養成施設を使うべき

プログラマーになるのは未経験からだと厳しい

プログラマーは、未経験からでも就職することができます。

なぜなら、人材不足で辞めていってしまう人が多いからです。

その辞めてしまう大きな原因は、過酷さにあります。

就職は比較的簡単だけど、続けていくことが難しいという現状があります。

残業の多さ

プログラマーは、言語によってシステムが動くようになっています。

一つでも間違えてしまうと、動かなくなってしまいエラー表示が出てしまいます。

間違えてばかりして、先に進まないと仕事が次から次へと増えてしまって、残業なってしまいます。

深夜になって、徹夜になることで家に帰れない人も出てきます。

自分で考える必要がある

プログラマーは、仕事の前に打ち合わせをして、一人一人の役割分担が違っている場合がほとんどです。

分からないことが出てきても、自分で考えて解決していく必要性があります。

解決できなければ、仕事にならないので使い物にならなく辞めざるを得なくなってしまいます。

話すこともある

プログラマーは、ほとんどがパソコンの前で一人黙々とやります。

仕事の合間には、お客様が来て打ち合わせや商談が入ることもしばしばあります。

その時は、コミュニケーションをしなければいけません。

話すときと、仕事をするために話さなくてもいい切り替えがいるため苦労する人も出てきてしまいます。

紹介したように、未経験から就職してしまうと、いろいろと大変なことがあります。

だから、辞めていく人が多くなって、人材不足に陥ってしまうのです。

就職する前には、ある程度の知識と技術を習得してからのほうがいいですよ。

オススメの養成施設がある

最近では、人材不足の影響からプログラマーを養成してもらえる場所が増えてきています。

その中でも、僕がオススメしたいのが「プログラマカレッジ」という就職支援サービスです。

ここでは、カリキュラムに沿った授業をしてもらえるので、知識や技術が身に付きやすいのです。

実際、制作物を作成しながら学習できるます。

分からないことは、その場で講師に聞くことができるので解決できます。

求人は、スタッフが厳選した優良企業ばかりなので安心ですね。

ただしプログラマカレッジの場所は、東京都なので地方に住んでいる人は厳しいかもしれません。

ちなみに、プログラマカレッジの場所が気になる方はまとめているサイトをチェックしてみてくださいね。

ビジネスマナーや、履歴書の添削、面接対策までバッチリできますよ。

あなたに合った求人を紹介してもらえるから就職してからも順調に仕事がしていけますよ。

就職に不安な方は、有給インターン制度もあるので体験からできます。

徹底したサポートがあることで、正社員就業率は96.2%と高いことも強みです。

プログラマーは、未経験だと大変なこともあるので養成校で、知識と技術を身に付けて就職することがオススメですよ。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :