プログラマーは人口減少になっている

プログラマーは、人口減少になっている職業の一つです。

それは、やることが難しイイメージがあり、就職してもすぐに辞めてしまうからです。

そうならないために、コクが対策委乗り出しています。

今回は、プログラマーの人口減少する理由や対策に迫っていきます。

IT業界は人口減少している

日本のIT業界は人口減少になっています。

その中でも、プログラマ―の職種は急激に減少しています。

就職しても、仕事内容がキツクテ辞めてしまうことが大きいです。

未経験でも就職できるけど、即戦力になる人材が生まれないことがあります。

それは、IT業界は変動が激しい業界です。

日々新しい知識や技術を取り入れなけば、追いつけなくなります。

そのうえプログラム―は、一つ一つの言語が難しすぎて一人前になるのに10年以上かかってしまいます。

それまでずっと下積み生活のように感じです・・・

一つの言語を間違えただけでもプログラムが動かなくなったり、エラー表示になってしまいます。

だから常に気が付けない状態で、考えることも多くなります。

一つの仕事におまれていると、新たに仕事が次から次へと入ってきますので残業になってしまうのです。

しかも紹介したように、人材不足になっているので少ない人数で仕事を回すことになります。

プログラマーは、華やかな職業に思ってしまう人も多いですが、ごく一部なのです。

下積み生活でスキルを磨いて、スキルアップすることで独立できたり、大企業に転職することができるのです。

ですが、プログラマーの人口減少は日本だけなのです、

アメリカや中国は、人口増加につながっているんです。

なじみにくい職業だからこそ、国を挙げて改善しようとしています。

小学生の授業に義務化される

国は、2020年に小学校のでプログラム授業を義務化する予定を組んでいます。

小学生から、プログラムに触れて興味を持ってもらおうとしています。

そして将来プログラマーを仕事として、人口減少にストップをかけようとしています。

これは、2013年にサイバーエージェントがプログラミング教室を開いたことがきっかえになっています。

さらには、脳が柔らかい小学生の内から勉強していくことで、覚えてい活かすことが早くもなりますよね。

そうすると、優秀なプログラマーが育ちやすくなります。

国としても、人口減少を食い止めるために乗り出したわけです。

将来的にも、プログラマーは残っていく可能性が高いので、ソフトウェアの開発があればオススメの仕事でもあります。

あなたも、人口減少を止める一人になりませんか?

 

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :