プログラマーの仕事は需要がある

あなたは、仕事に危機感はありますか?

今、aiの技術の進歩で仕事がなくなっていきつつあります。

需要のあるプログラマ―ですが、甘えていると生き残れないこともあります。

今回は、プログラマ―の現状や将来的の需要に迫っていきます。

プログラマーの仕事は需要がある

プログラマーの仕事は、今注目を集めている職種の一つです。

ITがますます身近に感じれてきた現代・・・

パソコン・スマホ・家電製品全般はシステムが中に埋め込まれており、プログラムされています。

そのプログラムに、人が使う用途に合わせて組み込み方を考えて、どうやったら使いやすいのか、安心して使えるかという利便性も考えていかなければいけません。

今後もプログラマーの仕事は需要があるといえます。

aiが出てきても大丈夫

2000年代に入ってきてai(人工知能)というものが注目されてきました。

そして2010年代に入ると実験段階・実用に向けての試運転が始めって行きました。

今では、お掃除ロボットやクレジットカードの不正防止機能、自動運転など生活を便利になってきています。

2045年になると、aiが人間の知能を超えていくともいわれています。

なくなっていく仕事が出てくるのです。

工場、レジの店員、ドライバー、などがなくなっていくといわれています。

aiに任せておけば、全部やってくれるからです。

人間のようにミスが限りなく少なくなり、効率のいい作業ができることが最大のメリットです。

では、プログラマーの仕事はどうなるのでしょうか?

aiには、感情で作り出せないこともあります。

今のところ、ソフトウェアの開発や組み込んだりすることはaiには出来ていません。

ですので、今のところ大丈夫と言えそうです。

急速に発展してきているaiなので、いつソフトウェアの開発ができるか分かりません。

そのためには、今からでもできることに真剣に向き合っていく覚悟が必要になってきます。

覚悟は必要

ITの世界も、日々新しい技術や覚えなければいけない知識が入ってきて、目まぐるしい業界です。

安心ではなく、aiに抜かれないために技術の向上に努めなければいけません。

また、人材不足の業界でもあります。

変動が激しくて、ついていけなくて多くの人が辞めている現状もあります。

需要のあるプログラマーですが、求められることはそれよりも高いので覚悟なければ辞めていくハメになります。

しっかり自分のなかで意識高く持って、日々成長していくことで、生き残れるプログラマーになっていきますよ。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: プログラマー   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :